« ミョウガ、その後。 | トップページ | ぶっつけオペラ・Ⅱ »

ぶっつけ・オペラ

今日、わたしのお友達のピアニストが、生徒さんの発表会をします。

場所は「水西書院」。

1886年 (明治19年) に建造された、元岩国藩主の書院です。

そこにスタインウェーのピアノを運び込み、演奏するのです。

何てユニークな企画でしょう。

 

実は先日、別の用事で彼女とここに訪れました。

緑あふれる中の静かな日本家屋のたたずまいと苔生す庭園に

しばらく身を置くと、こころが静かに満たされていきます。

おもむろに「ここで発表会、しようかな・・。」

と彼女。

いつも好奇心と行動力のかたまりの彼女、一ヶ月後には

実行に移してしまいました。

 

わたしは・・

アマチュアですが、仲間4人とゲスト(?)で歌う事になっています。

イタリア歌曲から、ジョルダーニの「カロ・ミオ・ベン」を歌ってきます。

あぁ・・

歌詞があやしいし、コンタクトレンズも今やめているので楽譜が

見えないし・・

どうなることやら。

リハーサル一回だけの「ぶっつけ本番」ですがなんだか楽しそうです。

今日の一日が生徒さんたちのいい思い出になればいいなぁ・・と思います。

|

« ミョウガ、その後。 | トップページ | ぶっつけオペラ・Ⅱ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。素敵ですね
緑あふれる中の静かな日本家屋のたたずまいと苔生す庭園に

しばらく身をおくと、こころが静かに満たされていきます。


おもむろに「ここで発表会、しようかな・・。」

と彼女。

いつも好奇心と行動力のかたまりの彼女、一ヶ月後には

実行に移してしまいました。

こんな彼女を友人に持たれて羨ましいです。歌はいかがでしたか?楽しい一日だったのでしょうね!

投稿: すずまゆ | 2006年5月28日 (日) 20時22分

 音楽っていいですよね。
人は死ぬ最後、目は見えなくても、
音は聞こえているらしいです。
音楽によって人の気持ちも
変わることが多々あると思います。

投稿: とも | 2006年5月29日 (月) 02時51分

すずまゆさん、こんにちは。
ようこそいらっしゃいました。

いつも楽しいことを考えることにかけては天才的な?彼女です。

当日、うまくいくか本当にドキドキでしたが、皆それぞれ表情がきらきらして、楽しそうに演奏していました。
私の方は・・・(^_^;)
歌の出来は謎ですが、貴重な体験が出来ましたし、本当に楽しい一日でした。
(^-^)

投稿: bird | 2006年5月29日 (月) 12時53分

ともさん、こんにちは。

本当に音楽っていいなって思います。
何よりも音楽でつながった仲間と出会えた事を考えると、しみじみありがたいなぁ~って思う今日この頃です。
風邪は良くなりましたか?
おだいじにね。

投稿: bird | 2006年5月29日 (月) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/1968425

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっつけ・オペラ:

« ミョウガ、その後。 | トップページ | ぶっつけオペラ・Ⅱ »