« どこか遠くへ・・その後。 | トップページ | 息子が予習をした日。 »

「美しいひと。」

約10年前から介護ボランティアをしています。

最近はなかなか活動に参加できないことも多いのですが、メンバーの

皆さんとはずっと変わることなくお付き合いをさせていただいています。

昨日そのメンバーとご家族を含め計6人で「一の滝寺」を訪れました。 

1931年 (昭和六年)に作られた「一の滝寺」 (いちのたきじ) は真言宗

醍醐寺派に属し、弘法大師を祀ってあります。

谷の奥まった位置にあり、いつも静寂を保っています。

 

Photo_51 修験道場ということもあり、どこか険しい空気を

持ち合わせながらも、懐かしい雰囲気もそこはかと

なく満ちあふれています。

ご住職に「どうぞ、ごゆっくり」と笑顔で迎えられました。

 

Photo_52 ちょっと小高い山の上にお堂があり、そこでお弁当

を食べることになりました。頂上まで約5分の道のり

です。

石段を登っているとたくさんのお地蔵様に出会いました。

中には岩肌に彫られた大きな物もあり、シルクロードの石仏を思い出さ

せるエキゾチックな雰囲気たっぷりです。

 

はやくもちょっとバテ気味のわたしは介助(?)されながら登りました

が、さすが介護のプロ集団の皆さん。おかげさまで無事に山頂に

到着することができました。

 

 お堂の仏様にごあいさつをして、お弁当を広げます。

ずいぶん長い間逢いたかったひと達。人生の先輩方ばかりです。 

やっとお逢いすることができました。

 

それぞれ近況報告や積もる話に花を咲かせます。

家族の介護の事、娘や息子の結婚の事、姑としての悩み・・etc.

最年少のわたしは、ただただ「うんうん。」と聴くばかりでしたが、

普段、明るくこの上なく優しいひと達にもこんなに日々の悩み

があるんだなぁ・・。と、真剣な生き様に感動していました。

 

話は延々とはずんで約3時間。豊かな時間はあっという間に過ぎ

「また、きっとね。」と誓い合ってそれぞれ家路に着きました。  

 

よく女性が二人以上集まると花が咲くのは悪口ばかり・・というイメージ

を持たれがちですが、長いお付き合いの間、このひと達は決して

誰かの噂や悪口を言っているところを見たことがないという事に

あらためて気づきました。

きっとこんな「善さ」がいつもわたしに元気をくれるのだと思います。

 

一夜明けて一本の電話が。

「昨日は暑かったけど、体調はだいじょうぶだった?

また、きっと行こうね・・。」

 

「誰かの幸いを自分の幸い」のように感じて生きておられるひと。

暗いニュースはたくさんありますが、「美しいひと」はまだまだ

たくさんいるんですね。

  

「・・この世の中、まだまだ捨てた物じゃない」って思わせてくれるのは

こんな時です。

 

 

|

« どこか遠くへ・・その後。 | トップページ | 息子が予習をした日。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

birdさんのように
思いつきで
さまざまなところ
行くの私もすきです。
私の人生は
ほとんどどっかですから。

投稿: とも | 2006年6月13日 (火) 17時30分

ともさん こんにちは☆

ともさんも意外と放浪癖があるのですね?
仲間だったのですねぇ^^
何となくいつも、どこかに根を下ろしてしまったらもう終わりのような気がしてしまいます。
まだまだ落ち着きそうにないわたしです^^

投稿: bird | 2006年6月13日 (火) 20時31分

ホントにそんな方達だからこそ、介護のお仕事ピッタリ合っていらっしゃるのでしょう・・自然と身体からにじみ出て、やさしさを人に与えていらっしゃる感じ。そんな方達に囲まれてお幸せですね!本当に世の中美しい人で溢れたら、素敵でしょうにネ!

投稿: すずまゆ | 2006年6月13日 (火) 22時06分

すずまゆさん こんにちは。

「まねをしたい大人の同性」が身近にいる事って、恵まれている事だなぁ・・ってしみじみ感じました。
わたしも歳を重ねて彼女たちのようになれたらいいな・・と思っています。

投稿: bird | 2006年6月14日 (水) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/2198055

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しいひと。」:

« どこか遠くへ・・その後。 | トップページ | 息子が予習をした日。 »