« 巣立つ日のために。 | トップページ | 君がいた夏。 »

ふるさと

わが家から坂を下ること約3分のところにわたしの実家があります。

普段はあまりにも近すぎて、ついついご無沙汰しています。

わたしは普段「お盆」等の行事にはこだわらないのですが、夫が

法要のため自分の実家に帰ってしまったため、わたしも久しぶりに

「里帰り」しました。

 

 玄関を開けたら出迎えてくれたのがこのお方。

Photo_114 実家の「もけっと犬」、ゴン17歳です。

わたしが独身時代に山の中で拾われたビーグルと

和犬のミックスくんです。

仔犬だったころはチョコチョコとよく動きまわっていたずらばかりでした

が、「お手」とか「待て」とか、けっこう色々と覚えてくれました。

でも、わたしと姉が嫁いで以来、父が「猫かわいがり」するようになり、

いつのまにかな~んにもしない「もけっと犬」になってしまいました。

 

 それにしてもすっかり顔も白髪(・・ってこの表現、正しいのかしら?)

になり、階段をあがることもむずかしくなってきたようです。

この日はドアを開けたら冷たいタイルの上でベターっと長くなっていま

した。がんばって今年の夏も元気で乗り越えてほしいものです。

 

 約一年ぶりの実家での昼食。母の手料理。

「あ~、家に帰った~!」って実感しました。

もうじき70歳ですが、いつもにこにこの現役ナースです。

いつもと変わらず台所で元気に立ち働いていました。

この姿がいつもわたしが親しんできた姿です。

 

 あっという間の里帰り(?)でしたが、家族が元気ということは何よ

りもホッ・・とさせてくれます。

 

 生まれ故郷はもはや遠くはなれてしまいましたが、わたしにとって

こころの故郷は、いくつになってもここなのかも知れません。

|

« 巣立つ日のために。 | トップページ | 君がいた夏。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/3054356

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと:

« 巣立つ日のために。 | トップページ | 君がいた夏。 »