« たたかい続けるおばあちゃんたち。 | トップページ | 悲しい体質。 »

こころの旅?

 この季節になると妙にそわそわするわたしです。

そうです。秋は旅行のシーズン。

もう何をしていてもこころはすでにいろいろな土地に飛んでいます。

 

 今、一番行きたいところは京都の田舎。観光地をちょっと離れてひっそりとした

古寺めぐりや裏路地を徘徊してみたいと夢見ています。

それから・・夏が過ぎた沖縄、大好きな東京の下町めぐり、おばあちゃんの

故郷の四国への旅、そして九州・別府界隈の硫黄の香りたなびく「ひなびた

温泉街」めぐり。

あぁ、こうして書いていると、またまた「放浪癖」の発作に襲われそうです。

・・落ち着いて、落ち着いて。。

 今はほとんど出張などに出ることはありませんが、以前は短期出張の旅

に出る機会が時々ありました。

そんな暮らしの中で発見したのが、これです。

 

Photo_133

コンタクトレンズのケース。これが結構便利なのです。

わたしはこの中にヘア・ワックスとヘア・トリートメントを分け

て入れて旅先に持って行ってました。

 

 旅先ではなるべく荷物は少なくコンパクトでいたいので、これだと軽いし

第一液漏れしないし、これで二泊三日ぐらいは簡単にカバーできます。

使い捨てコンタクトの洗浄液を買うと、必ずおまけに付いて来るんですよ。

それがいつのまにかたくさん貯まっちゃうので新たな使い道を探していたの

ですが、古いコンタクト・ケースくんにこんなにぴったりの「第二の人生(?)」

があったなんて。。!

一人で悦に入っていた変なわたしです。

 今でもちょっとした宿泊には必ずこうして持って行きます。

さあ、この秋はどこへ行こう。

 

 ・・あれ? よく考えたら向こう数ヶ月(永遠に、という説も・・??)わが家の

家計は大ピンチではありませんか。。 う~ん。

 

 しばらくは「こころの旅」でいろいろな場所におじゃますることにしましょう。

想像するだけなら海外だってゴージャスな旅ができるもん。

 

 ・・しくしく。。

 

 

|

« たたかい続けるおばあちゃんたち。 | トップページ | 悲しい体質。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど~!!
コンタクトケースがそんな役にたつとは気付きませんでした。
私も数年前はそのケースを使ってたので
多分あるんですよ…
(今は必要なときだけワンデーを使ってるのでケースいらずなのです)
こんど見つけ出してワックス入れにしようと思います☆

私も旅行にいきたい~!!ってなるんですが
同じく…きっとそれ以上にうちの家計はピンチなので
雑誌でも見てガマンすることにします(^^;)

投稿: nonkichy | 2006年9月14日 (木) 20時03分

>nonkichyさん

こんにちは。^^
意外でしょ?この使い道!
旅先でもお気に入りのローションやワックスを使いたいけど、小さなボトルとかに入れても必ず漏れてしまってたので、ず~っと前から悩んでいたんですよ。でも、これにして以来、まったくポーチの中が汚れなくなったので、とっても便利!なのです。
ヘアケア用品以外にピアスなどの持ち運びにも便利なんですよ~。(^v^)
どうぞ一度試してみてくださいね☆

投稿: bird | 2006年9月14日 (木) 20時52分

こんばんは。birdさん。旅行、行きたいなぁ!のんびり温泉にでもつかって見たいですねぇ!でも、やはり私も臨時出費ありそうなので(親戚の交際費として)それを考えると、近くで楽しむしかないですね・・。悲しい・・・(~o~)・・・京都は興味ありますね・・。私も雑誌でも見てガマンすることにします(^^;)。コンタクトケース、色々アイディアで使えるんですね!ピアス入れもいいですね!(^_-)-☆

投稿: すずまゆ | 2006年9月14日 (木) 21時30分

>すずまゆさん

こんにちは。^^
行きたいところはたくさんあるのですが、「先立つ物が・・」トホホです。この時期、結婚式シーズンだったりと色々物入りなんですよねぇ。(>_<) 「ドラえもん」のどこでもドアーがあったらいいなぁ。。(笑)
コンタクトケース、おもしろいでしょう??
アイディア次第で色々ともっと役に立ちそうですね。^^

投稿: bird | 2006年9月15日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/3438551

この記事へのトラックバック一覧です: こころの旅?:

« たたかい続けるおばあちゃんたち。 | トップページ | 悲しい体質。 »