« 「謎のスイカ売り」の謎。 | トップページ | とっても欲しかったもの »

「こころ」の帰る場所。

 昨日、めずらしくちょっとだけ寂しい気持ちになりました。

理由はまったくたいしたことではないのですが・・。

わたしの指は無意識のうちにある人の電話番号を押していました。

大阪の大学時代に下宿していたお宅のおばちゃんでした。

 

 家族を離れてのはじめての暮らし。いろいろなことがありました。

(今もですが)結構やんちゃだったわたしはずいぶんと叱られたものです。

 当時フェンシング部の合宿後、膝のスポーツ障害を負い入院、手術をする

ことになりましたが、偶然わたしの姉も時期を同じくして手術することが

決まっていたので、両親はそちらの付き添いに行く事になっていました。

 

 姉は身体が弱く、入退院の繰り返し・・という状態にわたしは慣れていたので

一人で何かをするのにも慣れていたつもりでしたし、そんなわたしの様子に

両親もすっかり安心していたようですが、本心はとてつもなく不安な気持ちを

抱えての入院でした。

 

 入院の荷物はすべて「おばちゃん」が車で運んでくれました。

「いいよ。ひとりでだいじょうぶだから。。」とつぶやくわたしを見て、なんと

彼女は手術前夜に両親に「どうか、親だったら来てあげて下さいよ。」と

電話をしてくれたのです。

 

 翌日、麻酔から醒めかけてうとうとしているわたしの手を、誰かがじっと

にぎっている温もりを感じました。

目を開けると、「おばちゃん」がひとりで見守ってくれていました。

きっと長い時間、こうしてくれていたのでしょうね。

ほどなく両親も駆けつけました。

このときの気持ちはいまだに言い表せないほどです。

一生忘れられない体験であり、何かがあったときに再びわたしを

立ち上がらせてくれる力を与えてくれる大きな力となっています。

 

 昨日、ひさしぶりに聞いたなつかしい声。

一昨年、息子を連れて突然訪ねたとき、涙を浮かべて迎えてくれました。

それ以来の電話での再会です。

 

 「どうや、元気か?・・困った事はないか?」

・・あぁ、彼女ならでは、です。

この言葉を聴いたとたん、涙が一つだけポロリとこぼれました。

離れていた時間を取り戻すようにお互いの近況を報告し、変わりの

ないことを喜び合いました。

 

 「今度はこちらからも電話をさせてもらうようにするからね、元気でな・・。」

と彼女。 声を聴いて、いつの間にかわたしのこころはひたひたと潮が

満ちるように満たされていました。

 

 前回訪ねた際、お別れの時に

「・・もし何かあかんかったらここに帰ってきたらええやん。」と言ってくれた

瞬間から「おばちゃん」はわたしの故郷・・「こころの帰る場所」になりました。

 

 人間の繋がり、関係性って何だろう・・って時々思うことがあります。

長年ほぼ毎日会っているのに少しもこころの距離が縮まらないひとも

いる反面、出逢った瞬間からまるで割符が合うように距離がなくなるひと、

物理的に離れていても「親しいひと」に成り得ることも知りました。

親しさを示すものはきっと、一緒に過ごす時間の長さではないのかも

しれませんね。

出逢いって本当に不思議です。

 

 距離と時間をこえて繋がれたたくさんの糸から、今までを、そして

これからを生きていくエネルギー与えられることに感謝・・。

 

 わたしもいつか、そんな「こころの帰る場所」になれる存在となれます

ように。

 

|

« 「謎のスイカ売り」の謎。 | トップページ | とっても欲しかったもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とてもやさしくてステキなおばちゃんですね^^
確かに、不思議なもので
頑張っても距離が縮まらない相手もいるというのに
何も考えてなくてもパズルみたいにピタッと合う相手もいる。
近くにいるときは仲良くしてても離れたら疎遠になる相手もいれば
離れても繋がってる相手もいる…
奥深いですねぇ。
ふとしたときに声が聞きたくなる人っていうのもありますね。
私にはbirdさんにとってのおばちゃんのような人はいませんが
時々声を聞いて安心したい、って思う人がいます。
そう思いつつなかなか連絡できないんですけどね(^^;)

投稿: nonkichy | 2006年9月 7日 (木) 02時50分

おはようございます。本当に、大切にしたい方ですね。このお話を読みつつ、涙が出ました。・・・涙もろい私は、よく子どもにもT・Vを見ていても泣くので、「お母さん、また始まった」と言われますが・・・・。そんな場所がある事は幸せですね!おばさんとの出会いに感謝ですね!

投稿: すずまゆ | 2006年9月 7日 (木) 08時06分

>nonkichyさん

こんにちは。^^
そうですね。ひととの繋がりってほんとうに不思議ですね。
わたしにとって大切なひとって誰だろう?って時々思うことがあるのですが、落ち込んだり、困った時に真っ先に思い出したり、声が聴きたくなるひとのことかな・・ってやっぱり思います。
思い出すだけでも安心するひともいますよね。
そんな存在がひとりでもいることってありがたいな~。とつくづく感謝する今日この頃です。(^v^)

投稿: bird | 2006年9月 7日 (木) 10時55分

>すずまゆさん

こんにちは。^^
・・柄にもなく「しんみり」としたお話を書いてしまいました。。
(ホントは書くの、やめようかな・・って迷ったのですが。。)
あまりにも嬉しい体験だったので書かずにはおられませんでした。。(^^ゞ
 この方との出逢いが無かったら、今ごろわたしはどうなっていただろう・・と考えたら、偶然にせよ出逢えたことにただただ感謝するばかりです。
 ・・余談ですが、うちの母も涙もろいんですよ。そんな母を笑っていたわたしもここ数年涙もろくなり(笑)、『マッチ売りの少女』を読んでも泣いてしまうようになりました。。

投稿: bird | 2006年9月 7日 (木) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/3341182

この記事へのトラックバック一覧です: 「こころ」の帰る場所。:

« 「謎のスイカ売り」の謎。 | トップページ | とっても欲しかったもの »