« わたしのミクロな一日。 | トップページ | サクサク・クッキー! »

織姫さまの結婚

 わたしの大切なお友達カップルが週末めでたく結ばれました。

 

 新婦のTちゃんは城下町の築100年の古民家を工房に改造して、そこで

「機織(はたおり)」作家をしています。新郎のOくんは、とある企業の

「科学屋さん」です。

彼とわたしはTちゃんを通じて約3年前に知り合いましたが、すぐに仲良しに。

二人ともわたしのオペラ仲間でもあります。

穏やかでこころやさしい彼らと夜通し飲んで語り合うのがすっかり楽しみに

なったわたしでした。

 そんな彼らの結婚式はほんとうに楽しいものでした。

 

 Photo_161 Photo_154

小さなチャペルの前には何と!

機織機が・・。

新郎自らまず一段織ります。

 

Photo_159 お客さんも記念に次々に一段づつ糸を通して織って

いきます。

この糸も新居の近くに生えていた「セイタカアワダチソウ」で

Tちゃんが染めたものです。これが後に一枚のマフラーになるそうです。

彼女らしいなぁ・・。

 

 結婚パーティーもすべてが手作りのあたたかいものでした。

とても芸達者なご家族で、Tちゃんのお父さんがフラメンコ・ギターを、

弟さんご夫婦はサックス&パーカッションで「見上げてごらん夜の星を」

を演奏。そして!新婦のTちゃん自らギターを弾いて歌ってのパフォーマンス。

新郎&新婦もよく食べて、ほんとうによく笑っていました。

・・何だか今までの「披露宴」という常識を打ち破った本当にたのしいパーティー

でした。

 

 実は、わたしの出番もありました。

普段とてもつつましく暮らしているTちゃんには夢がありました。

それは、近所にある老舗のケーキ屋さんの「カステラ」を丸ごと一枚

買いたい!・・というものでした。(これも彼女らしい!)

この晴れの日に念願かなって、ワゴンに乗せられて約50センチ四方の

カステラがスポットライトを浴びて登場。それをその日が偶然結婚記念日

だったカップルと、まだ式を挙げていなかったもう一組のカップルが「カステラ

カット」をする、というサプライズ企画の中でわたしは新郎&新婦とオペラを

歌いました。(こんなの初めて!) ほんとうに楽しかったですよ。

 

Photo_160 その後、そのカステラはデザートとしてゲスト全員に

配られました。

 この結婚式を通じて印象的だったのは、新郎のOくんが

ほんとうに幸せそう始終ニコニコ、ニコニコと微笑んでいたことです。

この二人の笑顔にたくさんのあたたかい気持ちをもらいました。

 

 これからはお互いが縦の糸、横の糸になりながら、これからいろいろな

色を楽しく織りなしていくのでしょうね。

 

おめでとう、わたしたちの織姫さま。

 

|

« わたしのミクロな一日。 | トップページ | サクサク・クッキー! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

こういう結婚式っていいですね。教会や神社のお仕着せではなく、自分達で作る結婚式。ほんとうに温かくて素敵です。

僕もこんなのがしたい! 結婚はひとりではできませんが、それはまあ置いといて・・・(笑)

投稿: 山村祐介 | 2006年10月23日 (月) 23時20分

こんにちはー^^

ユーモアたっぷりの結婚式だったのですね^^
特に「カステラを丸ごと一枚」というの!(笑
それに、birdさんがオペラを歌われたとのこと。聴きたかったな、その歌声(>< )

結婚かぁ・・私もいつかそんな温かな気持ちになれる結婚ができるといいな。

投稿: 読み人知らず | 2006年10月24日 (火) 00時06分

こんにちは。なんて素敵な結婚式何でしよう!新婦さんの手染めの織物...そしてマフラ-に...う~ん!素敵!こんなの大好きです。おめでとうございます。お幸せに!birdさんの歌声も素敵だったのでしょうね(*^_^*)
幸福の風景は、ほほえましく、見る側もほんのりといい気持ちになりますね。

投稿: すずまゆ | 2006年10月24日 (火) 09時54分

>山村さん

こんにちは。^^
そうですね。「受身」ではなく、自分たちが主人公の結婚式っていいですよね。
「○○家」と「○○家」・・ではなく、まさしく自立した個人と個人の結婚式といった感じで、とても好感が持てました。(^v^)
山村さんの結婚式も何だか楽しそうだな~。式場にゾウさん登場~!・・何だかわくわくしてまいりました。 

投稿: bird | 2006年10月24日 (火) 11時25分

>読み人知らずさん

こんにちは。^^
もう、ほんとうにユーモアたっぷりのあたたかい式だったんですよ! ・・きっと式場のパックにお任せの式なら準備もとっても簡単だったのでしょうが、この二人は自分たちの力でがんばったんですよ~。 ・・・結果、二人とも準備途中で体調をくずしてしまうハプニングもありましたが、それも彼ららしい!としみじみ感じました。わたしもこんな素敵な式がしたくなってきました。(・・って、おいおい・・!)

投稿: bird | 2006年10月24日 (火) 11時31分

>すずまゆさん

こんにちは。^^
ほんとうにこころあたたまる一日でした。
この記事には書けなかったのですが、引き出物もすてきだったんですよ。
新婦が染めて(スカイブルーに黄色の線が入っています。)織った絹の布を、静岡の工房でつくられた手作りの小さな額縁に納めた物をもらいました。さっそく玄関の壁に飾りました。
(^v^) 「こころ」をもらうという事がなによりもうれしくなった今日この頃です。

投稿: bird | 2006年10月24日 (火) 11時38分

魅力的な夫婦ですね。

投稿: とも | 2006年10月24日 (火) 18時43分

>ともさん

こんにちは。^^
その通り、とっても魅力的なひとたちです。
いつも自然体で気負いが無い・・そんな人柄とスタイルがたくさんのひとたちに愛されているのだと思います。
(^v^)

投稿: bird | 2006年10月25日 (水) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/3926271

この記事へのトラックバック一覧です: 織姫さまの結婚:

« わたしのミクロな一日。 | トップページ | サクサク・クッキー! »