« ある大きな異変。 | トップページ | ふしぎ!城下町。 »

チキンライスのパワー

 子どもの頃から変わらない一番好きなメニュー・・

それは「チキンライス」です。

 子どものころ、必ず週に一度は母が作ってくれていました。

キッチンからケチャップのにおいが流れてきたら、もううれしくてうれしくて。

 

 母のお嫁入り道具(?)の中に中華鍋がありました。

母は当時、そのお鍋一つで当時五人家族のご飯を魔法のように作ってしま

うのでした。

 チャーハンにしても野菜炒めにしても五人分の材料ってハンパな量では

ありませんので、炒めるのは毎回大変そうだな~・・なんてながめていまし

たが、なぜか母がこの鍋で作るとあら不思議!「あっ!」という間に炒め上が

ったお料理がきちんとこの魔法のお鍋の中に納まっているのです。

 ・・不思議でした。

 

 ちなみにこの魔法の中華鍋、いまだに実家のキッチンで現役で活躍して

います。

 

Photo_174 そんなことを思い出していたら無性にチキンライスが懐かしく

なって作ってみました。

チキンにたまねぎ、そしてピーマンをいれて、たっぷりの

バターで炒めます。

最後にケチャップを混ぜると、あの頃のなつかしい香り。

どことなくホッとする香りです。

 ・・でも、味は・・。 子どものころに食べた味にはまだほど遠いといった

感じです。一体何が足りないのかなぁ・・??

やっぱりあれは母の「魔法の鍋」のマジックだったのでしょうか?

その謎を考えてみるだけでも楽しいものかもしれません。

 

 なぜか昨日からちょっと頭が重くて節々も心持ち痛んだりして。。

珍しいことです。トホホ。。

明日からまたちょっと忙しモード(?)なので、このまま治って欲しいなぁ~。

なんて切実に思ってしまいます。

 

 チキンライス、たくさん作っておいてよかった。。

よぉ~し!食べて治しますっ!!

 

|

« ある大きな異変。 | トップページ | ふしぎ!城下町。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バターで炒めるとこがいいですね。
美味しそう。
ケチャップは確かに懐かしい味がする。
最近はもっぱら広島のおたふくソースですね。

投稿: とも | 2006年11月10日 (金) 00時22分

>ともさん

こんにちは。^^
「マヨラー」はすっかりおなじみですが、わたしの場合はりっぱな「ケチャラー」です。。
このケチャップとバターの相性が絶妙なんですよね。もう、止まりません!(@_@;)
オタフクソースももちろん大好きです。・・って話をしていたらすごくお腹が空いてきました。。(^^ゞ

投稿: bird | 2006年11月10日 (金) 17時49分

こんにちは。

料理に関して、いつまで経っても母に勝てないのはなんででしょう? どんな魔法を使っているのか教えてくれ、と思いますよね。

それにしてもチキンライスがおいしそうです。たっぷりのバターにケチャップの香り・・・。想像するだけでよだれが・・・ああっ! キーボードにっ!

投稿: 山村祐介 | 2006年11月10日 (金) 21時54分

>山村さん

こんにちは。^^
子どもの頃に大好きになった食べ物って大人になってもこうも執着しちゃうって、ほんとうに不思議だなぁ・・って思うほど好きなんですよ、チキンライス。(^^ゞ
世の中に洗練された食べ物はたくさんあるのですが、やっぱりわたしは「これ」なんですよ。。
う~ん、不思議です~!!(@_@;)

投稿: bird | 2006年11月11日 (土) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/4126127

この記事へのトラックバック一覧です: チキンライスのパワー:

« ある大きな異変。 | トップページ | ふしぎ!城下町。 »