« ありがとう、癒し犬くん。 | トップページ | ギャップのおもしろさ。 »

being サンタさん。

 わが家の小6の息子が書いた作文が返ってきました。

 

 その中の一枚を要約しますと・・

 

「 サンタクロースは一体だれなのでしょう?

  父? 母? 先生? 宅急便のひと?・・

   ・・(中略)

  いちばんあやしいのは母ですが、何年か前のサンタからのカードには

  母の苦手な電子音が出るカードだったので、母でもないかもしれません。

  一体、だれなんでしょう??                           」

 

 ・・といった内容です。

 

 それに対して担任の先生(わたしと同じ年代・男性・二児の父)からのコメ

ント。

 

 ・・ 「 サンタは、サンタです。 」

 

 う~ん、先生、最高です。

しばらく笑いが止まりませんでした。

 

 この先生、いつもなら長いコメントをくださるのですが、今回はずい分

悩まれたとお察ししました。

子どもの夢を大切にしてくれる先生、ありがとうございます。

 

 息子は小6になった今でも「何かあやしいなぁ~」と思いながらもサンタを

信じています。おそるおそる他のお母さんたちに聞いてみると、意外と

「うちは中学生もいるけど、今でも信じているよ~。」という声もけっこう聞か

れたりでちょっと安心しました。

 

 息子は先日「サンタさん宛て」に欲しいものリストを手紙に書いて窓の外側

に貼り付けていました。これも毎年わが家の恒例の行事となっています。

 

 リストには第三希望まで書いてありました。(今年はおもちゃの品番まで・・)

さっそく夫と昨日買いに行くと、広い店内はそんな「サンタさんの正体」さん

でごった返していました。

プレゼントを選んで、包装してもらって、当日まで隠しておくという作業は

なかなか骨の折れる作業ですが、こんな時期も思えばあとわずか。

 今年もサンタさんは頑張ります!

 

 おもちゃ屋さんから帰ってくる頃にはすでに真っ暗。

ご近所はクリスマスのイルミネーションですっかりクリスマスムード。

メイン・ストリートに面したお宅の庭には空気でふくらませて、内蔵された

光でかがやくサンタさん人形が、道行く人たちに手を振っていました。

 

 ・・そして、一夜明けて・・。

 

Photo_191

 ・・ 「 サンタさん、力尽きる 」 。

  

 

  空気が抜けてしまったようです。

 

 ・・ た、立つんだ ・・ サンタさん。

   クリスマスまでまだまだありますよ。。

 

   ・・連日、おつかれさまです。。

|

« ありがとう、癒し犬くん。 | トップページ | ギャップのおもしろさ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいですね。私は小さい頃から、クリスマスなんて
祝ってもらったことがありませんよ。淋しい家族・・・。
でもお正月は楽しい。
一度も祝わない、それもいい思い出です。

投稿: とも | 2006年12月 4日 (月) 23時49分

私は一昨年の今頃はおもちゃ屋さんで働いていて、
そんなサンタさんの正体さんたちの相手で大忙しでした。
確かDSが出始めで品切れ状態で…
あとたまごっちやプリキュア商品の確保に追われていました(^^;)
あぁ、、確かに、当日まで隠しておくのって大変そう!
私も小学生のときはサンタさんを信じていたのですが
手紙を書いた記憶があまりなく…母に言っていたのかな?
息子さんが信じている限り、サンタさん頑張ってくださいね~^^

投稿: nonkichy | 2006年12月 5日 (火) 12時31分

こんにちは^^

サンタさん、いつまで信じてたかな~?思えば結構早い時期に正体がわかってしまっていたような・・(かわいくない子どもですねぇ^^;)
でも、なによりもクリスマスは“ケーキが食べれる”ということが自分にとっては一番でしたね^^(誕生日とか特別な日でない限り滅多にありつけなかったのです・・)
プレゼントよりもケーキ、というところがなんとも言えませんね^^;
・・食いしん坊なところは今も変わってない!?(笑

追伸:メンテナンス中のため、いただいたコメントにしばらく返事ができないことご了承ください。すみません・・(>< )

投稿: 読み人知らず | 2006年12月 5日 (火) 20時32分

>ともさん

こんにちは。^^
そうですね。クリスマスを祝う、祝わないは家庭ではそれぞれですよね。そもそも外国の習慣だし・・。いまひとつおじいちゃん、おばあちゃんにはピンと来ないものがあるかもしれませんね。その分お正月を本格的に楽しまれるというのがステキですねぇ。きっとおいしいものがたくさん食べられるのでしょうね。
わたしもこのごろはクリスマスよりも静かなお正月の風情がだいすきですよ。^^

投稿: bird | 2006年12月 6日 (水) 10時37分

>nonkichyさん

こんにちは。^^
nonkichyさんはこの時期おもちゃ屋さんで働かれた経験がおありなんですね。(@_@;) ・・す、すごい!
先日訪れた大手のおもちゃ屋さんは、もう「殺気」立っていましたよ。(でも、かわいいサンタのコスチュームの店員さんばかりなので、そのかわいさにちょっと救われましたが・・。)
わが家の息子には「レゴブロック」を買いました。それをラッピング・コーナーに並んで包装してもらって、わが家の天袋に隠して・・。ぜいぜい。。
この時期は親にとっては「試練」です。。(^_^;)

投稿: bird | 2006年12月 6日 (水) 10時46分

>読み人知らずさん

こんにちは。^^
わたしもサンタの正体を知ったのは結構早い時期でしたよ。
・・かなりショックでした。。寝込みそうなくらいに。。(笑)
そういえば、サンタさんからのプレゼントの包装紙がなんで近所の文房具やさんの名前が入ってるんだろう??などと不思議に思ったりしていました。(^^ゞ
ケーキはいくつになっても楽しみですね。
わたしが子どものころのケーキは生クリームではなくて「バタークリーム」が主流だったので、食べすぎて「もたれて」しまって、結果病院のお世話になったことを思い出しました。
今でも田舎の小さなスーパーにはバタークリームのケーキがありますが、ときどき無性に食べたくなる懐かしい味です。

投稿: bird | 2006年12月 6日 (水) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/4421745

この記事へのトラックバック一覧です: being サンタさん。:

« ありがとう、癒し犬くん。 | トップページ | ギャップのおもしろさ。 »