« 「やり場」はどこに? | トップページ | シンジル チカラ。 »

牡蠣の誘惑。

 歳を重ねるごとにクリスマスよりはお正月が楽しみになってきたわたし

ですが、今年のお正月はちょっとブルーな思い出・・といいますか、一部

の記憶が飛んでしまうほど、大変なお正月だったような気がします。

 

 元日、夫の実家に遊びに行ったついでに静かなお正月の風情を楽しもう

と、近くの海岸(夫が育った海です)に出かけました。

岩場を見ると何ともおいしそうな「牡蠣」がびっしりと付いています。

すすめられるがまま・・その場で食べました。

 

「なぁに、一つぐらいでは当たらないよ~。」

という夫の父の言葉。現地のひとの言葉にはまず間違いはありません。

さすが新鮮な牡蠣。潮の香りと濃厚な味。。おもわずため息が出たほどです。

 

 ・・が!!

 

 その夜、息子が発熱、胃腸も今までにないぐらい大変な常態に・・。

そして次の日、わたしもめずらしく高熱が。。 お正月の約三日間、ほぼ

記憶がないほど「泥のように」眠り続けていた母子でした。

 

 そして、もうろうとした意識の下で・・

「そういえば・・岩場の近くで何だかちょろちょろと流れていたなぁ・・。

 あれって、生活廃水だったのかなぁ・・。。ぐすん。。         」

・・そんなことをうつらうつらと思い出していたわたしです。

 

夫は・・さすが。なぜか何にも症状が出ませんでした。

 

 教訓・・。「牡蠣はよく加熱して食べましょう。。」

 

 お正月に悲惨な体験をしてからしばらくは牡蠣を見るものいやでしたが、

今まで何度も当たっても、結局また普通に食べるようになっているわたし。

ほんとうに懲りないひと・・というか、よっぽど好きなんだなぁ。ってつくづく

思いました。

 

 そしてきのうも久しぶりに牡蠣入りの海鮮チゲ鍋をファミレスでオーダー。

ウェイトレスさんが「牡蠣はよく火を通してお召し上がりください。」と一言。

 おりしも今年はウィルス性の冬季胃腸炎が例年より猛威を振るっている

というニュースで持ちきりで、かなり牡蠣に対して各方面ではナーバスに

なっている様子が伺えます。

 

 でも・・ 調理器具を清潔にする。

      手洗いの励行。

      牡蠣などの二枚貝は85℃で一分以上加熱する。

  これを守っていたら、とりあえず感染する恐れは低いし、そもそも昔から

よくある病気なので、かかってもそんなにパニックというかヒステリックになら

ないように・・との細菌学の専門家さんのアドバイスでした。

 

 やっぱり牡蠣はやめられません。

網焼きの牡蠣にカボスをしぼって、日本酒で。。

 

  あぁ・・この楽しみはそう簡単には捨てられそうにありません。

 

 

 

|

« 「やり場」はどこに? | トップページ | シンジル チカラ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

牡蠣ですか、おいしいですよね。
でも今年は「ノロちゃん」に気をつけないと。
特にbirdさんはね。

投稿: とも | 2006年12月12日 (火) 02時40分

牡蠣ですか、おいしいですよね。
でも今年は「ノロちゃんに」気をつけないと。
特にbirdさんはね。

投稿: とも | 2006年12月12日 (火) 02時41分

>ともさん

こんにちは。^^
「ノロちゃん」の季節がやってきましたね。(^^ゞ
もともと昔からいたウィルスらしいのですが、「ノロちゃん」という名前がつけられたのがここ数年らしいですね。
今年はなぜか発症率が例年より高いらしいです。・・現代人の抵抗力が落ちているってことでしょうか??ともあれ当たると大変ですよねぇ。
気をつけてたのしいお正月にしたいと思います。
(^o^)丿

投稿: bird | 2006年12月12日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/4507038

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣の誘惑。:

« 「やり場」はどこに? | トップページ | シンジル チカラ。 »