« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

桜のおはなし。

まるで麻酔にでもかかったように眠ってばかりのここ2~3日でした。

もしかして人間って冬眠する動物だったのか・・?などと思ってしまうほど

でした。。

 

Photo_224

今日、数年ぶりにこれが無性に食べたくなって、

パッケージを手に取ると・・

え、えびくんが・・!!

 

 受験モードです。。

 

 手に鉛筆と試験問題集。そして頭には「合格」日の丸はちまき。。

 

 あぁ。。

 

 そういえばわたしも受験生だったころがありましたが、スナック菓子は

わたしにとっては唯一(?)のホッとするひととき、ちょっとした現実逃避の

アイテムでした。

そして今・・時代を反映してか、このシーズン、ほとんどの人気スナックは

「受験生応援バージョン」に衣替えしてしまうんですね。

ホッと一息のひとときにさえも「必勝!合格!サクラ咲く!・・」

たいへんな世の中になったものだなぁ。。とお菓子をながめながら

ふと思いました。

(いっそのことかっ○えびせん・桜味なんて出ないものか・・? 少しは

風流なまったり感が味わえるかも??)

 

 ともあれ、えびくん、ごくろうさまです。。

 

Photo_225 一方こちらは錦帯橋付近の城下町で買ったおかきです。

もち米とおしょうゆの香りだけが香ばしく口の中に広がる

とても伝統的な「おかき」の味。

そこまで来ている春を思わせます。

 

 毎年、この界隈での夜桜見物が楽しみなわたしですが、今年はあたたかい

お昼の間の見物になりそうです。

大きな桜の幹にもたれかかってお酒をゆっくりと・・。

 

 あぁ、今から桜前線が待ち遠しいわたしです。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

シンクロしないココロとカラダ。

 早いもので、退院してから二週間が経とうとしています。

 

 はじめはちょっと貧血に悩まされたりしていましたが、日に日に元通りの

元気な身体にもどろうとしています。

ふと、二十代のころとちがって、歳を重ねるということは、何事においても

(特に身体の変化)ゆっくりペースになることなんだなぁ。。と実感する毎日

です。

ともかく・・「無理せずマイペースで」をコンセプトにもけ~っと日々を過ごして

います。・・が!

 

 つい先ほどのことです。

隣の部屋に移動しようとしてドアを開けて通ろうとしたら・・

「ガツッ!!」という鈍い音が。

 ・・じゅうぶんにドアが開いていなかったのですね。

顔をしたたかにぶつけてしまいました。

右の頬には赤い一本線が・・。

 

 ちょっと前に「自分の車幅がわからない」という記事を書きましたが、

まさにその状態でしょうか。

気持ちの上での「自分の身体はちゃんと動いている」・・というイメージ

に、実際の身体の動きがついて行っていない?って感じです。

トホホ。。

 

 とりあえず、今日の教訓。ドアはちゃんと開いてから通りましょう。

 

 ・・だいじょうぶか?わたし。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あたたかなひとたち。

 市内で織物作家として活動している「織り姫さま」こと友人のTちゃん夫妻が

わが家にやってきました。

 

Photo_222

先日生まれたわたしの娘のために赤ちゃん用のぬいぐるみ

を作ってくれました。「もけ~っ」としたテイスト。

なまずくんでしょうか。

彼女が一針ひとはり縫ってくれたぬいぐるみ。ほんとうにあたたかいです。

 

Photo_223 それからもう一つのおみやげは「ひらめまんじゅう」。

実はほんとうなら彼らは新婚旅行で今ごろはベトナムに

行っているはずでした。

それが急遽キャンセルに。

 

 何と、Tちゃんのお腹にには赤ちゃんが。

ただいま3ヶ月なのだそうです。

 

 楽しみにしていたベトナムだったのですが、近場の小島に一泊してのんびりと

ふたりの時を楽しんできたそうです。その小島では「ひらめ」の養殖がさかんで、

それにちなんで「ひらめ」まんじゅう・・なのだそうです。

(おまんじゅうにひらめが入っているわけではなくて、表面にひらめが描か

れているのです。)素朴なおいしさ。幸せを分けてもらったような気がしました。

 ベトナムはまたきっといつでも行けるよ、Tちゃん。

 

 きっとふたり一緒なら近場の小島でもどこでも最高にハッピーなのでしょうね。

 いつまでもお幸せに。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・腕にメモするひと。

 先日、腕にメモする息子についてご紹介しました。

 

Photo_221 あれからメモってある内容も「名札」だったり

「体操服」だったり・・。

すっかり彼のメモ帳となっています。

 

 先日、例のごとく大きな太い文字で「募金」と書いてありました。

学校がバングラディシュ支援のための募金を集めるので、忘れないように

またまた油性マジックでメモって帰ってきたのです。

 

 息子は5年生の夏休みをバングラディシュで過ごし、それまでの日常生活

とのギャップの大きさを自分の身体とこころで体験してきたという事もあるの

でしょうか、いそいそと今まで貯めていた小銭を集め始めました。

 そんな彼の背中を見ながら、彼の見てきたバングラディシュ、まだ彼が

語らないバングラディシュにあれこれ思いを馳せながら学校へ送り出しました。

 

 息子が出かけてからがわたしの「ほっと一息」の時間です。

コーヒーを入れて、ソファーに腰を下ろすと・・・

  「ジャリ!!」・・という音が。

よく見るとさっき袋に入れたばかりの募金が!!

 

 ・・だめじゃん。。

 

 募金は別ルートで送ることにしましょう。

バングラディシュは・・遠いです。。

 

 メモ、今度はどこに書いたらいいんだろう。。と一瞬真剣に考え込んだ

母でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オサケ ノ オハナシ。

 もしかしたら初めてかもしれませんね。 お酒の話題です。

 

Photo_218 「紅色梅酒」です。

実は数ヶ月間禁酒を守ってきた自分へのご褒美として

お正月に買っておいたものです。

 

 この赤い梅酒、原料は梅酒+赤酒(←って、何でしょ??)+紫芋のお酒

でできています。

 

Photo_219 グラスに注ぐと鮮やかな紅色です。

ほど良い甘さ。

しばし、うっとり。。

あぁ、生きててよかった。。

 

 実は入院中、夫がこっそり小さな缶ビールを差し入れてくれました。

夫曰く、

「テレビで牛が乳が良く出るようにビールを飲んでいるのを見たから。」

 ・・って、もしもし。

 

 「牛が・・」っていうところがちょっと引っかかりましたが、看護士さんに見

つからないようにこっそりと缶を開けて、数ヶ月ぶりのビールのおいしい

ことといったら。。 (注 : けっして真似をしないでください。)

 

 ・・とはいえ、一応授乳中の身なので、軽く一杯程度をたのしむ毎日です。

 

 本当はうんと辛口のお酒が大好きなわたしです。

 

 これからは何かとお酒の話題が飛び出してくるかもしれませんが、どうぞ

おつきあいくださいませ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

出逢ってしまった歌

 ほんとうにひさしぶりの投稿です。

 

 思えば、6日あたりのあの「爆弾低気圧」が接近して来たあたりから

「もしかして大雪の出産になるのでは??でもまだ二週間もあるし。。」

などと考えていました。

 

 なぜかいつも子どものころから大きなイベントの時に限って大きな台風や

大嵐、そして大雪を呼んでしまうわたしでした。それはとても「雨女」などという

やさしいレベルではないのです。。

 

 予感は的中しました。

 

 翌朝、本格的な痛みが。

何気に外を見ると一面の銀世界。

「あぁ、やっぱり。。」とこころの中でつぶやきながら慎重に病院へと

移動しました。

 

Photo_216 娘の誕生直前、病室から見た青空です。

静かなしずかな朝です。

  

Photo_217お昼過ぎ、夫と息子に見守られながら無事に 娘が

誕生しました。

 

 

 その瞬間から久しぶりの新生児の子育てが始まり、懐かしい感覚と

同時にあまりにも久しぶりすぎて戸惑う数日間。 

そんな中でもホッとする瞬間の一つが夫が届けてくれる新聞を眺める

時間でした。

 

 人間っておもしろいものです。

その時に自分が置かれた状況にぴったりの事柄が、まるで用意されて

いたかのように目に飛び込んでくるんだなぁ。。としみじみ思いました。

それは、あの雪の日に寄せて書かれたコラムの中で紹介されていた

万葉集。

 

 「 新しき 年の始の 初春の

  今日降る雪の 

  いや重け 吉事(よごと)   」

 

               大伴家持

 

 案外、雪の日もいいものかもしれない。。

ふと、そう思いました。

 

 みなさまの上にもたくさん良い事が積もる一年でありますように。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

モブログからの投稿です。

 昨日、2502グラムの女の子が無事に誕生しました。 おかげさまで母子ともに元気です。
たくさんの方に励ましていただいて、ほんとうにこころ強かったです。この場をお借りして御礼申し上げます。
 なお、現在入院中ですので、退院するまで更新、コメントへのお返事ができません。今しばらくお待ちくださいね。
 では、またブログでお会いできるのを楽しみにしています。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

おせちがやって来た。

 今年のお正月は何も作らないでもけ~っと過ごしていた我が家です。

そこにラッキーな事に、実家の母が手作りのおせち料理を分けてくれました。

 

 子どものころに食べた懐かしい変わらない味。

やっとお正月がやって来た、という実感がわきました。ありがたいことです。

蓮根、大根のなます、黒豆、数の子、昆布の煮物。おいしくいただきました。

 

 お雑煮には澄まし汁をベースにつ葉(←植木鉢の隅っこから自然発生して

いました。これまたラッキーです。)、おもち、かまぼこ、海苔が定番として入って

います。

 

 お雑煮って地方によって中に入っている具材とか、ベースが変わるそう

ですね。 

とある地方では「あん入りもち」を入れるとか。。

う~ん・・一度でいいから地方色豊かなお雑煮を食べる旅がしてみたくなります。

 

 ・・結局、わたしの今一番したいことって「旅」なんでしょうね。

今日は外での用事も終わり、部屋でひたすら「もけ~・・」っとしているわたし

ですが、こころは忙しく色々なあこがれの土地へと飛んで行っています。

 

 (おまけ・・)

Photo_215 おせちといっしょにやってきた「ふたごのいちご」です。

けっこう食べごたえがありました。

先日は皮の中に果実が二本入った「ふたごのバナナ」に

遭遇しました。

 

そんな「おもしろ野菜」に癒される今日このごろです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かなしずかな始まり。

 新しい年が明けました。

 

 みなさま、明けましておめでとうございます。

楽しいお正月をお過ごしでしょうか。

 

 わが家では今年はいたってシンプルに「お雑煮」と「ささげ豆のお赤飯」

でお祝いしました。(今年はお酒はナシです。。)

澄まし汁に海苔、三つ葉、おもち、かまぼこだけのお雑煮ですが、子どもの

ころから馴染んだ味で、とてもなつかしくホッ・・とする味です。

 

 お昼からは近所に住むわたしの両親に年始のあいさつ。

それから夫は一人、夫の実家に向かいました。

 今こうして元旦の静けさを味わっています。

 

 実は、私事ですが、もうじき子どもが生まれます。

予定日は今月21日ですが、もういつ生まれてもだいじょうぶな時期に

入ったので、今年はおとなしくわが家で過ごす元日です。

 

 びっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、「妊婦として・・」よりも

まず「ひとりの人間として」。。という視点を大切に毎日を送りたかったので、

あえてブログではご紹介しませんでした。(ごめんなさい)

 

 今、出産を間近に控えて、気持ちとしてはかなりドキドキの毎日ですが、

「身一つ」の今の毎日を大切に、引き続き「もけ~~・・」っとした毎日を

つづって行きたいと思います。

(もし、途中で更新が止まったら・・生まれているかもしれません。。)

 

 こんなサプライズで始まりました今年のわたしのブログですが、今年もどうぞ

よろしくお願いいたします。

 

 今年一年がみなさまにとってすてきな毎日でありますように。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »