« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

治った・直った!

 インフルエンザにかかってしまったわが家の小6の息子。

やっと熱が下がり、少しずつですがヨーグルトなど食べられるようになりました。

思ったよりも症状が重かったのはインフルエンザA型とB型の複合型だった

からのようです。

 (・・複合型は「まれ」だそうで、担当してくださったお医者さまも珍しがって

おられたそうです。)

ともあれ、ほっとひと安心です。

 

Zoomer そして、こちらも「直り」ました。

わたしのバイク, zoomer です。

二晩入院していました。

 

バギータイプの太いタイヤ、4ストロークの穏やかな発進と走り・・。

約4年前に一目ぼれで買って以来、わたしの大のお気に入りだったのですが、

妊娠中だったので乗るわけにもいかず、泣く泣く封印していました。

 

 ・・その結果、バッテリーが完全に上がってしまい、いざエンジンをかけようと

しても

  「・・シーン。。」

完全にスネてしまっています。

 

 そんな愛車におわびの気持ちをこめてメンテナンスに出しました。

オイルも交換してもらい、ミラーやリアなどのさびちゃった部分なども丁寧に

塗装してもらい、見違えるほどピカピカになって退院しました。

 

 「ばっちり、絶好調っすよ~!」と、担当してくださった「舘ひろし」さんそっくりの

整備士さん、さすが、プロです。

舘さん、わが家の前をノーヘルでブンブン、ぐるぐるテスト走行。

すばらしい仕上がりにとても誇らしげです。笑顔で色々と説明してくださいました。

現場で積み重ねた経験と勘に裏打ちされた見事なお仕事。

乗るひとの立場を考えつくした親切なサービスに思わず胸が熱くなりました。

・・大事に乗らなくちゃ。。 とあらためて思いました。

 

 あぁ、すっかり春です。

ひさびさに風を感じたくなりました。

そうだ!錦帯橋までミニ・ツーリングしよう!と思って「はた」と気が付いたわたし。

 

 そういえば、バイクには無かったんですよね。チャイルドシート。。

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「招かざる客」・今年も。

 わが家のいつも元気な小6の息子がとうとう「インフルエンザ」にかかって

しまいました。

 

 まだ生まれて一ヶ月ちょっとの乳児をかかえたわたしの代わりに母と姉が

夜間診療の病院に連れて行ってくれました。

 

 そこで出逢ったドクターがとても良い方で、忙しいにもかかわらず

ていねいに検査をして、子どもにわかる言葉でしっかりと本人に説明をして

くれたそうです。

検査の結果は・・何と、「インフルエンザA型+B型」の複合型でした。

 

 「おぉ!!ダブルだねぇ~!!ばっちり学校休めるねぇ~!」 と先生。

 「わ~い、やった~!学校、休める~!!」 と息子。

  ・・おもしろい先生です。

 

とにかく、早めに診察を受けて良かったようです。。

お薬についてもていねいに説明をしていただいたので安心です。

 

 そして、夜。

インフルエンザ特有の高熱が。39・9℃まで上がりましたが、お薬が効いて

よく眠る事ができたようです。

 

 高熱を出すたびにかならず熱に浮かされて「うわごと」を言うわが息子。

今回は 「みちづれだぁ~!!・・ケケケ。。」

      というあやしいうわごとを発していました。

      ・・だいじょうぶか?息子よ。。

 

 いつも元気でにぎやかな彼が病気だとさびしいものです。

早く元気になって欲しいと願う母でした。

 

 息子の学校ではとうとう学級閉鎖になったクラスがあるとか。

今のところわたしには何の異変もありませんが、もしブログの更新が止まって

しばらく放置状態になったら、「インフルエンザ」にかかってしまったと思って

ください。。

 

 トホホ。。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歯医者、復活!

 先週より、久しぶりに歯の治療に通うことになりました。

 

 自慢ではありませんが、歯医者さんは大の苦手です。大人になっても

克服できない嫌いな物って、やっぱりあるんだなぁ・・。としみじみ思います。

名前を呼ばれて、しぶしぶ恐る恐る診察室に入りました。

もう、その時点で心臓はバクバクです。

 

 思わず「はぁ~~・・」っとため息をついたところで、ふとBGMに気が付きました。

アンドレ・ギャニオンの「めぐり逢い」です。

この曲はよく「癒し系」のコンピレーションCDに収録されているとても美しい曲。

最近はドラマやドキュメント番組の「感動のシーン」や「悲しいシーン」によく

使われています。

 

 わたしはとてもBGMに影響されやすい人間です。

この曲を聴くと、無条件でとてつもなく切なくなるというか、うるっ・・として

しまうのです。

 

 そこに歯科医のF先生がさわやかに登場。

「さ~ぁ、birdさん。思ったより虫歯、大きかったから、神経抜いちゃいますね~!」

・・って、麻酔かけてあれこれ削って・・ ですよね。 これから繰り広げられる

おそろしいプロセスを想像しただけで失神しそうです。

 

 そこでBGMが、あの「情熱大陸」のテーマに変わりました。

わたしの大好きな曲なのですが・・。タイミングが悪すぎます。

この曲の底を流れる情熱的なラテンテイスト。メラメラと燃えたぎる情熱を

感じます。わたしの心拍数と血圧は想像できないほど上昇しています。

 ・・これって、絶対に歯医者のBGMに向いていません。。

 

 そして麻酔開始。

口の中にはたくさんの器具が。 ・・あぁ、もうどうにでもなれ。。

 

 そこでF先生、さわやかに「ど~ですか?birdさん、痛くないですかぁ~?」

 ・・こういったう器具がたくさん口に入れられている場合、どう返事をしたら

よいのでしょう。

首を縦に振っても横に振っても危険であると判断したわたし。

「・・ひはふはいへふ。」 と力ない声で答えました。

「えっ??」とF先生。

「・・ひはふはいへふー!(痛くないです)。」とわたし。

  ・・わたしの取ったこの行動ははたして正しかったのでしょうか。

いつも歯医者の治療中には悩みます。

 

なにげに目を開けると、目の前には「針」が!!

これで今から何をされるのでしょう。。 軽く目まいを覚えました。

あぁ、目を開けるんじゃなかった。。

 

 ともあれ・・

F先生のすばらしい技術で、ほとんど痛い思いをせずに無事に初日を終了

することができましたが、わたしの神経はボロボロです。

貴重な寿命もきっと二年分は縮まったでしょうか。

 

 でも、やっぱり、治療に行って正解でした。

痛いままだと、お酒がいつまでもおいしくありませんもの。

 

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ひと足遅れて・・

 昨夜、わたしたち夫婦の結婚記念のささやかなお祝いをしました。

ほんとうの記念日は2月14日なのですが、夫の仕事が多忙だったので、週末に

ゆっくりと・・。ということで、錦帯橋河畔の小ぢんまりしたホテルのお部屋を借りて

息子、娘もいっしょに食事会をしました。

 

Photo_236 夫からのプレゼントです。

わたしの大好きな癒し系・脱力系キャラ、

「ふもふもさん」です。

 

Photo_237 息子からもプレゼントをもらいました。

わたしにはボールペンのセット。・・赤ペンもあります。きっと

「しっかり勉強しなさい」ということですね。がんばります。。

そして「仮面ライダーシリーズ」フリークの夫には「仮面ライダーの敵役の戦闘員」

のフィギュアです。

子どもにおもちゃを買ってもらった夫。うれしそうです。

息子よ、ありがとう。

 

 わたしにとって約二ヶ月ぶりの外での食事でした。

 地酒(冷酒)をゆっくり堪能しました。そしてお話好きな仲居さんがたも

加わって、たくさん飲んでたくさん笑ったひと時でした。

 

Photo_238 そして・・

冷酒の次はわたしの大好きな紹興酒。

干し梅を入れて楽しみました。

一本飲めないよ。。なんて言っていましたが、しっかり半分は飲んでいます。

余った分はプレゼントしていただきました。

 

 また今日から育児に奮闘する毎日ですが、老体に(?)むちうちながらも

頑張るエネルギーをもらったような気がします。

 

 夫はここ最近お腹周りが気になるのか、お風呂上りにアヤシイ腹筋運動を

はじめました。

夫いわく

「メソポタミア・シンデレラ」になったらいけないからね。

・・と真剣な表情。

・・夫よ、それを言うなら。。

あいかわらずカタカナ用語がきわめて苦手です。

仕事ではとてもシャープな人物なのですが。。

 わたしもわたしで、どうせ変身するなら「メタボリック」よりも「シンデレラ」の

方がまだかわいくていいかもしれない。。などととっさに妙な想像をしてしまう

のでした。

 

 ともあれ、夫よ、健康に気をつけて、いつまでも「天然」の笑いを家庭に

提供し続けてください。

 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

いつまでも、いつまでも。

 わが家の小6の息子の小学校生活もあとわずかです。

 

 小学校を卒業すると急に大人になってしまうようでちょっと寂しい母を

よそに本人は新しい中学校生活が待ち遠しくてたまらない様子です。

 

 小学校生活を通してもけ~~っとマイペースで過ごしたわが息子。

はじめは「だいじょうぶかしら??」などと思うこともたびたびでしたが

最近は彼なりに成長(?)する自分を楽しんでいるようです。

 

 今、社会の授業で「日本国憲法」を習っているそうです。

 

 彼の担任のN先生は昔懐かしいTVドラマ「熱中時代」にあこがれて教師に

なられただけあって、とても情熱的で人間味豊かな方です。

 N先生は先日の社会の授業の中で「日本国憲法全文を覚えるように」

そして「憲法9条」の大切さ、さらに「教育基本法が改悪」されたことの

意味について生徒たちにていねいに語られたそうです。

 

 その後、社会のテストが行われました。

Photo_234 設問のひとつに「平和への取り組み・憲法前文

平和への誓い」がありました。

(  )内に答えを入れる問題です。

 

 その内容です。

 「 わたしたちは(平和)を守り、平等で明るい生活を築こうと努力している

  国際社会の中で、名誉ある国民になることを誓います。

  わたしたちは、全世界の人々が、みな平等に、恐怖や欠乏もなく、平和な

  状態で生きていくことができる(権利)を持っていることを、確認します。

  どんな国であろうと、自分の利益と幸福だけを考えて、他国のことを忘れる

  ようなことがあってはなりません。」

 

Photo_235

そしてメインの問題。

これも(  )内に答えを入れる問題です。

 

 ●国民は、だれもが生まれながらにして、個人として尊重される(権利)

 をもっている。

 ●国の政治は、(国民)の考えによって行われる。

 

そして・・

 

 ●日本は、戦力をもたず、二度と(戦争)をしない。

 

 子どものテストを見て思わず目頭が熱くなったのは初めてです。

今、平和憲法を変えようとする動きがある中、こうしてテストのメイン

問題として出題されていること、そして「二度と(戦争)をしない」の回答に

当たり前に○(まる)がもらえること。 

きな臭い社会の流れの中の一縷の希望の光が見えたような気がしました。

 

 どうか、この回答が子どもたちはもちろん、わたしたちにとっていつまでも

「スタンダード」でありますように。

 

いつまでも、いつまでも。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「もけっと・ガイスト」な日々。

 普段あまり「お化け」とか「心霊現象」を信じていないわたしですが、

先日パチンコのTVコマーシャルでとてつもなくおそろしい映像を目にして以来、

夜中にトイレに行くのが怖くなってしまっている今日このごろです。

・・まるで怖がりの小学生です。

 

 そのおそろしい映像というのはあの映画「リング」なのです。

・・あの有名な貞子さんが片目をむいてにらみ付けるアップのシーン!

見てしまいました。。あぁ~!怖すぎます。。

 

 人間って不思議な物で、「絶対あのシーンが出てくる!」って予想して

「見ちゃダメ!」ってとっさに思うのですが、結局見ちゃうんですよね。。

もう、完璧に目に焼きついてしまいました。

 その夜からトイレに行こうとした時にわざわざ思い出してしまい、その度に

生きた心地がしないわたしでした。

 

 一方、昼間もわが家では不思議な現象が続いていました。

引越して来て以来、頭上で「タッタッタ・・」という足音。

そしていきなり「ズドーーーン!!!」という大きな音に飛び上がる毎日です。

これはいわゆる「ポルターガイスト現象」というやつでしょうか。。

もけ~~っとリラックスしている無防備な昼下がりにいきなり「ドドーーーン!!」

ですから、ほんとうに飛び上がります。心臓に悪いです。

わたしの頭の中には「地縛霊」とか「浮遊霊」などというおどろおどろしい言葉が

そのたびに駆け巡りました。

 

 そんなある日、その浮遊霊の映像の撮影に成功しました。

 

Photo_233・・ こんな風に空中を浮遊しています。

時おり「フギャー!!」というおそろしいうめき声をあげます。

 

 

 陽気も良くて居心地がいいのか、この分だとしばらくは続きそうです、この

現象。。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

血が通っているからこそ。

 行きつけのスーパーに買い物に行ったときの出来事です。

 

 わが家は主な食料は生協で注文していますが、足りない分(ビールやフルーツ、

牛乳など)を週末に一週間分の食料を買い込むことにしています。

足りない分といっても、結構な量の食料品をついつい買ってしまう

今日このごろ。

・・それだけたくさん食べてるってことでしょうか。。

 

 レジで清算して袋に詰める台に行こうとすると、わたしと同年代ぐらいの

女性の店員さんが「お運びしますね。」といって笑顔でかごを台まで運んで

くれました。

 

・・あぁ!そういえばさっき彼女の視線が一瞬わたしの腹部に。。

そうです。産後一ヶ月が経ち、体重は少しずつ元に戻りつつあるのですが、

ただ「腹部」が・・!! いまだに妊娠初期といった外観でしょうか。わたし。

トホホ。。

うれしいような、悲しいような・・いえいえ、やっぱりとてもうれしかったです。

レジのおねえさん、ありがとう。

 

 忙しい仕事の流れの中であえて手を止めて妊婦(?)に手を差し伸べた

彼女の行為はとても自然で、そこにはあたたかい人間の血とこころが

通っていました。

 

 「女性は子どもを産むための機械・・」という悲しい発言にやり場のない

悲しみと寂しさをかみ締めていた数日でしたが、この女性のさりげない

気遣いとやさしさに胸が熱くなる思いでした。

そんな弱者を思いやる、そして手をさしのべることが自然にできる社会こそが

少子化対策だけではなく障がい者やお年寄りなどの問題を考える上のカギ・・

「ノーマライゼーション」の第一歩なのかもしれない・・そう実感した出来事

でした。

 

 ・・あるいは人間を「機械」だと言い放ってしまうような男性の考えを変える

ことこそがほんとうの少子化対策なのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

懐かしい味・解説書つき。

 節分の夜の事です。

  

 産後、自宅で療養しているわたしに実家から夕食が届きました。

実の姉が毎晩届けてくれるのですが、たまたま実家に泊まりに行っていた

息子も一緒にやってきました。節分なのでメニューは「巻き寿司」だそうです。

 

 息子はわたしに包みを「方角を守って食べてね!」と何だかうれしそうな

表情で渡してくれました。

これから実家で盛大に豆まき大会が行われるとの事。彼は嬉々として実家

へと戻っていきました。ピーナッツ入りチョコをお土産に持たせました。

母の作る巻き寿司は運動会や誕生日などの大切な日には必ず登場する

わたしにとっては懐かしい味。嬉しいものです。

 

Photo_231 ふろしきを解くと、なぜか「方位磁石」。

「・・・・??」

なるほど!これで恵方を確かめなさい、ということですね。

・・ナットク。(この方位磁石、チョコレートのおまけみたいですが、それにしても

レトロです。「鬼門」とかもちゃんと書いてあるし。。)

息子が入れたようです。

しばし、爆笑。

 

 何やらPCからプリントアウトされた資料が3枚、一緒に入れてあり

ました。これはどうやら父のしわざのようです。

 

 どれどれ?・・

資料には・・恵方巻きの由来などが詳しく書いてあります。

大阪の船場で生まれた風習だそうです。

さらに読んでいくと「恵方に向かって太巻きを一本まるかじり・・」と書いて

あります。

 「あ・・!」

 

Photo_232 切っちゃいました。。

時、すでに遅し。。あぁ、息子よ、ゆるして。

 

  何だか今年は「福」が細切れでやってきそうな気がしてきましたが、

 大きな福がドン!とやって来てそれでおしまい・・よりも

ちいさなちいさな福が細く長く続く。。

そちらのほうがいいかも・・などと思う小市民のわたしでした。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マッチの炎に想う。

Photo_228以前ご紹介しましたが、わが家の夕食のテーブルには

よくキャンドルが登場します。

あわただしい毎日の終わりのホッと一息の時間です。

 

 今までは「チャッ○マン」というか、ライターを使っていましたが、何だか

味気なく思っていました。そこで、買いました。

 

Photo_229 マッチです。

果たしてお店に置いてあるかな?なんて心配しましたが

ちゃんとありました。このパッケージもなつかしい!

 

 わたしの子どものころはまだストーブの時代。電池で点火するタイプが

出る前はマッチで火を灯していました。

 

 まだマッチが生活必需品として普通にくらしの風景に存在していたあの時代。

何もかもがゆっくりで、あたたかい思い出がたくさん生まれました。

(近所の悪ガキくんたちとよく火遊びしてしかられてました。)

 

 マッチをあの小さな箱の側面で擦るときの音、そして静かに火がともる

ときの音が好きです。

そしてあの独特の火が消える時の煙のにおい。

いろいろな記憶がよみがえって来て、しばしにっこり。

けっしてライターでは味わえないひとときを味わったひと時でした。

 

 気が付くと、窓の外は雪が静かに舞っています。

今夜は積もるかもしれません。

 

 そういえば、約13年前母親になって以来、『マッチ売りの少女』を読むと

どういうわけか泣けてしょうがないのです。

 

 すべての子どもたちに笑顔の灯りがともる世界になりますように・・と願って

やみません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »