« アクシデントで。 | トップページ | 発想の転換? »

おじぞうさまのように。

 先週の火曜日に腰を壊してから、とにかく安静を保って約6日間・・。

ほぼ復活!いたしました。。

わたしが寝込んでいる間、夫はいきなり要介護状態になってしまった妻と

9ヶ月の娘の「介護と育児」をがんばってくれました。

あぁ、夫よ、ありがとう。

 

 そして、こんなことを言ったらバチが当たるかもしれませんが、わたしは

あらためて確信をもちました。

わたしは根っからじっとしていられないひとです。

 

 「じっとしていられないストレス」がピークに達した昨日、リハビリ(!)と称して

久しぶりのお出かけです。

 

Photo ちょっとした森林浴です。

空も晴れて、森の中の空気も甘く感じます。

紅葉は・・いまひとつですが、見ごろが楽しみです。

 

071104 そして・・

このお方に逢いたかったんですよ。

かわいいでしょう?この界隈のアイドルです。

赤い毛糸で編まれたポシェットがかわいくてたまりません。

 

Photo_2

この、まるで幼子のようなあどけなく、けがれの無い表情が

好きなのです。季節によってお衣装も変わります。

(ちなみにこれは春先の装いです。)

 

 「このおじぞうさま、○○さんにそっくりだね」と、夫。

うんうん、似てる!この穏やかな表情、にじみ出る慈愛に満ちたあたたかさ。

 

 「おじぞうさまに似てる」なんて言われるとご本人はショックかも知れませんが

このおじぞうさまを見ていたら、わたしもいつかはこんな顔になりたいな・・。

なんて、ごくごく自然に思うのです。

だから、思いっきり、ほめ言葉なんですよ。「おじぞうさまに似てる」って。

 

 

 

|

« アクシデントで。 | トップページ | 発想の転換? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

birdさん、こんばんは。

お地蔵様の優しいお顔に思わず笑顔になってしまいました(^^)
下の子の通う保育園にもお地蔵様がおります。
別に宗教法人の園ではないのですが、なぜか園庭の傍らに立って子ども達を見つめています。
その目はやはり、慈愛に満ちた優しい眼をしています(^^)

以前、どうしてお地蔵様は道々に立って居るんだろ
う?と不思議に思って調べた事があります。
お地蔵様って仏様の使いであるにも関わらず、道端に立って、人々と共に過ごし、人々の息遣いの中で一緒に暮らしているんですよね。
物言わず、しかし人々を救うためにそこに居るお地蔵様。

おじぞうさまのように。
そうありたいと思うのはとても尊いことなのかもしれません(^^)

投稿: すいんぐ | 2007年11月 6日 (火) 01時16分

こんにちは、お久しぶりです。
お地蔵様、私大好きなんです。娘とお人形?やら作ったりしました。なんだか、これもまた好みがbirdさんに似ていますね!(笑い)
腰痛の方、よくなられ良かったですね!良い方たちに恵まれ、お幸せですね。(*^_^*)

投稿: すずまゆ | 2007年11月 6日 (火) 16時11分

>すいんぐさん

こんにちは。^^

数あるおじぞうさまの中でもこのおじぞうさまはわたしの大のお気に入りなんですよ。(^^)

>仏様の使いであるにも関わらず、道端に立って、人々と共に過ごし、人々の息遣いの中で一緒に暮らしているんですよね。
物言わず、しかし人々を救うためにそこに居るお地蔵様。・・
 ・・そうなんですね!おじぞうさまは仏様の使いでもあり、「生活者」でもあるのですね。
う~ん。。我が国のオヤクニンさまにぜひ聞かせたい言葉です。(@_@;)

投稿: bird | 2007年11月 7日 (水) 18時00分

>すずまゆさん

こんにちは。^^

おぉ!!(@_@) すずまゆさんもおじぞうさま好きだったのですねぇ。
なんだか嬉しいです。
しかもお人形も作られたとは。(^^)
きっとすてきでしょうね!
わたしも手芸ができたら、きっと身近にたくさんのおじぞうさまと埴輪があふれているかも・・なんて想像してしまいました。(^^ゞ

このおじぞうさまのある界隈、紅葉と梅の名所なんですよ。
紅葉や花を見るのも楽しみですが、わたしはこのおじぞうさまに会うのがなによりも楽しみなのです。
わたしの癒しのスポットです。
(^o^)丿

投稿: bird | 2007年11月 7日 (水) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/8771406

この記事へのトラックバック一覧です: おじぞうさまのように。:

« アクシデントで。 | トップページ | 発想の転換? »