« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

もけ~っと、クリスマス。

 今年は何て暖かなクリスマスだったのでしょう。

雪が何よりも大好きなわたしにとって、いつも「ホワイト・クリスマス」だった

子どものころがなつかしく思い出されます。

 

 さて、今年のわが家のクリスマス。

中一の息子の親友のMくんをスペシャルゲストに迎え、にぎやかなパーティー

をしました。

 

 わたしがサンドイッチやオードブルを作る傍らで息子とMくんが楽しそうに

ケーキを作ります。

もけーーっとマイペースなわが家の息子と、しっかりもののMくん。なかなかの

名コンビ。随所で見事な「ボケとつっこみ」を展開しています。

 

Photo

そして出来上がった作品が、これです。

息子とMくんのコラボレーション。中身はチョコレートケーキ

です。あんなににぎやかに作っていたわりには繊細な仕上

がりです。

みんなでわいわい言いながらいただきました。

 

 去年は出産を間近に控えてドキドキのクリスマスでしたが、無事に娘も生ま

れ、一緒にクリスマスを祝うことができたことにまず感謝。そして今年はMくん

まで参加してくれて、本当に楽しい一夜でした。

 

 たくさんの笑顔を運んでくれたMくん、わたしたちにとって君が今年のサンタ

さんでした。

ありがとう。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネズミ男。

 わが家の夫。

 

 たいへん情緒豊かな日本語のボキャブラリーを持った人物です。

が・・カタカナ用語はいささか苦手のようです。

なので、無意識のうちに非常におもしろい言葉を発していることがあります。

ちなみに本人は大真面目です。

 

 先日、夫が11ヶ月の娘に何やら話しかけていました。。

 「ほら、○○ちゃん。ネズミ男だ。かわいいねぇ。」

 

 ・・ネズミ男??

わたしは不思議に思ってふと見ると・・

 

Photo 「ネズミ男」。

こ、これですか。。

 

 

 あぁ、将来、娘はいったいどんな日本語の使い手になるのでしょう。。

なんて一抹の不安も感じながら・・。。

ともあれ、 夫よ。今年も明るい笑いをありがとう。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風になったひと。

 わたしの長年の友人、Yさん。

冗談が大好きな、太陽のようなひと。なによりも歌をこよなく愛していました。

 

 ある日、自分の命があとわずかなのを知った彼女は、ステージに立ち

「千の風になって」を歌い上げました。

 

 そして、彼女はきのう、ほんとうに風になってしまいました。

まだ、まだ、若すぎる、早すぎる旅立ちでした。

 

 窓の外は冷たい風が吹き渡っていました。

でもその風は、まるで

「ほら、こんなに自由になったのよ」

と微笑んでいるようでした。

 

Yさん、たくさんの笑顔と思い出をありがとう。

世界中をゆっくりと旅してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もけ~っ・・とナビゲート中。

Photo わたしのお気に入りスポット、錦帯橋界隈の公園にふらりと

おさんぽに出かけたときに出合った猫くんです。

 

 

この公園、観光客のみなさんはもちろん、市民の憩いの

場所でもあり、猫くんの天国でもあります。

この日もいたるところに猫くんの姿が。。

 

 そしてこの日は何ともユニークな場所で「もけ~」っとくつろぐ猫くんに遭遇。

アンバランスな場所であるにもかかわらず絶妙なバランスと絶妙な脱力加減。

「こんにちは。」

「ニャ~~!」

 

 いいですね。脱力系・・。

しばしなごませてくれた猫くん。ありがとう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天までとどけ。

 12月に入りあれこれとばたばたと過ごしていたらあっというまに時は過ぎ・・

いつのまにかブログの更新もひさしぶりになってしまいました。。

うぅ、みなさん、お元気ですか?

 

 目の前にたまったこまごまとした仕事を片付けることに追われる毎日。 

返信したいメールや手紙も山積みです。

あぁ、思いっきり時間があったらなぁ・・。

・・なんてこころの中でつぶやいてしまうわたしの今日このごろです。

 

Photo 今日は小春日和のいいお天気です。

ひさしぶりにブランコにのりました。

ひざに娘をのせて・・。

 

 見上げるとこんなに青い青空!

ブランコをこぐとこの青い空が近くなったり遠くなったり。

何だか子どもに帰ってしまいました。

 

 「おーい、元気ですかー?!」

と呼びかけると世界中に届きそうなくらい、澄み渡った青い空でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »