« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ツユ ノ ハレマ。

Photo ここしばらくばたばたと忙しい日々が続きました。

ふと気が付けばずいぶんとごぶさたをしておりましたが

みなさまお元気でしょうか?

 

 わたしたちは先日、友人の所有する田んぼと畑に遊びに行ってきました。

画像の一番手前に見える稲は「もち米」なのだそうです。

 

 静かなしずかな山あいの田園風景。

梅雨の晴れ間の太陽と、水田を渡る風が心地よい・・。

思わず梅雨時の憂さも飛んでいきました。

 

 わたしたちはさらに畑へと移動。

一歳半になる娘ははだしで畑を縦横無尽に歩き回ります。。

(これこれ。。た、たがやしたばかりなのに・・)

そんなことはおかまいなしに新しく整えられた畑の土の上に座り込んで

ご満悦でした。。

わたしたちはそこに大豆の苗を植えました。

 

 久しぶりの柔らかであたたかい土のにおい。

静けさの中で五感が少しずつ研ぎ澄まされていくのを感じます。

ゆっくりゆっくりと時が流れ・・。

 

 あっという間のひとときでしたが、豊かな癒しの時間でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増えてる? ガイスト。

 先日、わが家には「謎のポルターガイスト」が出るという記事を書いたところ

です。

 

Photo_2 そうです。

このひとです。。

ところが昨日のことです。

 

 また視線を感じるのでふと見上げると・・

Photo_3 ガイスト・パートⅡ?  (ロン毛バージョン。。)

・・・貫禄あります。

リラックスしすぎてます。

 ・・てことは、ガイストが増えてます。いつの間にか。。

 

西洋では「クロネコに遭遇すると不吉なことが起きる」という言い伝えがありますね。

 その日、お風呂でシャンプーかと思って付けたのが、思いっきりリンスだったり

床に置いてあった新聞を踏んですべったりして、とても打ちひしがれた一日だった

のは、きっとこの「ガイスト」のせいだったにちがいありません。。

 

 ともあれ・・わが家の二階はますますにぎやかになっていきそうです。

 とほほ。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンクの中の雲海。

Photo 今年も性懲りもなく やってしまいました。。

「ドライアイス・イン・シンク」です。

ボコボコボコボコ・・。

 

 とある昼下がり。こんなことをして遊んでいました。

これがけっこうおもしろい。。

まるで湧き上がる雲のようです。

 

 入梅したとたん、雨、雨、雨。

もうすでにお日様が恋しいわたし。

・・そういえば・・。

 

 飛行機の窓から見える雲海のようにも見えます。

わたしが一番だいすきな風景です。

どんなに雨ふりの日でも、そこはまるで神様のいる場所のように

まばゆく輝いています。

その光景を見るたびに思わず息を飲むほどです。

 

 そんなふうに、梅雨空の分厚い雲の上もきっと青空。

いつでもとっておきの青空が広がっている・・

そう考えると、思わずにっこりなのでした。

 明日はお日様に逢えるかな。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍、ひとつ。

Photo 中国地方も今日から入梅です。

今日、お隣からいただきました。

「蛍」です。

中二の息子もおおよろこび。

 

 なつかしいなぁ・・。蛍をこんなに間近で見るのは何年ぶりでしょう!

 そういえば学生時代、怪我をして入院していたことがありました。

学部は違ったけど、とても仲の良い「Tくん」という男の子がいました。

そのTくんが一匹の蛍を持って病室をたずねてくれました。

プリンのカップに入れて。

 

 うれしかったなぁ。

消灯後の病室にたった一つだけ点る明かり。

わたしにとって「希望のともしび」のように見えました。

 

小さなアパートに、拾った子犬を飼っていた・・

そんな こころやさしいTくんのこと。

 

 今ごろどうしているかな?

蛍を見るたびに思い出します。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

天然で行こう。

 わが家の夫。。

とても繊細な日本語のセンスを持つ人物ですが、いささかカタカナ語は

苦手な様子です。

なので、ときどき超「天然」なミスを犯して、周囲のひとびとを笑撃のどん底に

突き落としてしまうことがあります。

 

 ある日のことです。

 

夫   「 ○○さんが『エマニエル』になったんだって。」

わたし 「 ・・え? ・・エマ・・??」

夫   「 ほら、めまいがして、大変な病気。。」

わたし 「 ・・!!」

 

 ・・夫よ、それはきっと「メニエル」です。。

 あぁ、なにげにそっと注意してあげるべきなのでしょうか。

でも、この天性の持ち味は捨てがたいものがあります。

 

 うっとうしい梅雨時も、これでなんとなくがんばれそうな(?)気がした

とある初夏の日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »