« 天然で行こう。 | トップページ | シンクの中の雲海。 »

蛍、ひとつ。

Photo 中国地方も今日から入梅です。

今日、お隣からいただきました。

「蛍」です。

中二の息子もおおよろこび。

 

 なつかしいなぁ・・。蛍をこんなに間近で見るのは何年ぶりでしょう!

 そういえば学生時代、怪我をして入院していたことがありました。

学部は違ったけど、とても仲の良い「Tくん」という男の子がいました。

そのTくんが一匹の蛍を持って病室をたずねてくれました。

プリンのカップに入れて。

 

 うれしかったなぁ。

消灯後の病室にたった一つだけ点る明かり。

わたしにとって「希望のともしび」のように見えました。

 

小さなアパートに、拾った子犬を飼っていた・・

そんな こころやさしいTくんのこと。

 

 今ごろどうしているかな?

蛍を見るたびに思い出します。

 

|

« 天然で行こう。 | トップページ | シンクの中の雲海。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

birdさん、こんばんは。

蛍にまつわる素敵なお話ですね(^^)
T君はどうして、蛍を持ってきたのだろう?
人の思いを受けるということの良さを蛍が教えてくれているようです。

ところで、私も小さい頃に蛍の思い出があります。
私の通っていた保育園は毎年、七夕の夜に園庭に蛍を放す行事を行っていました。
とある山奥のおじいちゃんから贈られた蛍が百匹以上、保育園の庭に一斉に放たれ、ふわふわと飛びかい、明滅する明かりを楽しんだ記憶があります。
つかまえた蛍は、ネギ葱坊主ができるくらいの太いネギの葉の中に入れて持ち帰ってました。
ネギの中で蛍が光ると、葉を透かして光が見えるんです。
その晩は、蛍ネギを枕元に置いて、やわらかい光を楽しみました。

我が家でも、毎年、蛍を見に出かけます。
今年も梅雨の中休みにでも行ってみようと思います(^^)

投稿: すいんぐ | 2008年6月14日 (土) 01時41分

>すいんぐさん 
こんばんは。
園庭を舞い飛ぶ百匹の蛍。
ねぎの茎の中で光る淡い蛍の光・・。
思い浮かべるとこころが暖かくなる光景ですね。
蛍がまだたくさんいたころには、今の環境ではまず
味わえないスローな豊かさがありましたよね。
わたしも子どものころに見た蛍の乱舞を思い出しました。(^^)

「Tくん」、誰にでも親切な人物で、わたしもテストの度に
苦手な数学を教えてもらったりしていました。
「人間っていいなぁ・・」という感覚を教えてくれた人物でもありました。
卒業して以来、もう○○年間経ちましたが、今でもあたたかな青春の思い出です。
放っておいたらどこかに消え入ってしまうように物静かで、まるで女の子のようにたおやかだったTくん、もしかしたら彼は蛍の化身だったのかしら・・。
何だかそんな気もします。

投稿: bird | 2008年6月15日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/21550529

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍、ひとつ。:

» 子犬の飼い方評判サイト集 [子犬の飼い方評判サイト集]
子犬の飼い方の評判を集めました [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 21時10分

« 天然で行こう。 | トップページ | シンクの中の雲海。 »