« もけ~っと 夏旅行。 | トップページ | 60年に一度の花。 »

真夏の夜の出来事。

 毎晩寝苦しい夜が続くきょうこのごろです。

 夜中にふと、気配がしておそるおそる目を開けると・・

わたしの顔の前には、どアップの坊主あたまの幼女の顔があったのです。

おもわず声にならない声をあげそうになりました。

 

 ・・正体は一歳半になるわが娘でした。。

娘は髪の毛が薄いタイプなので、いまだに坊主頭なのでした。

それにしても・・

ほんとに、ほんっとに、怖かったです。

  

 最近娘は夜中に目が覚めると、泣くわけでもなく、ただ「もけ~~・・」っと

枕元で正座していたり、わたしの顔をのぞきこんでいたり。。

真夜中にそんな姿に遭遇すると、わたしの心臓は止まりそうになります。

 

 娘よ。。

これではわたしの貴重な寿命が縮んでしまいます。。

あぁ、どうしよう。。

 

|

« もけ~っと 夏旅行。 | トップページ | 60年に一度の花。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100524/22792121

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の出来事。:

« もけ~っと 夏旅行。 | トップページ | 60年に一度の花。 »